en-結婚相談所で婚活する男女の真剣交際

12/12/2022

結婚相談所でいう真剣交際とは、どういう意味でしょうか?


お見合い後お互いにもう少しお話がしたい、またお会いしたいで仮交際に入ります。
(お見合い後は必ずイエスかノーを相談所に連絡します。双方がイエスの場合電話番号
の交換をして、男性から女性にファーストコールをします。)


そしてデートを重ねて、(仮交際の間は、複数の方とお付き合いしても構いませんが、
真剣交際は一人に絞ります)

この方と結婚を前提にお付き合いしたいと気持ちが高まったところで、真剣交際に入ります。


もくじ

  • 交際決定後
  • デートの費用について
  • 仲人との連携
  • 交際期間について
  • 交際期間の注意事項


【交際決定後】

仮交際後晴れて真剣交際する事になりましたら、間隔を開けずにデートしましょう。最低でも1週間に一度くらいのペースがいいでしょう。

この時代ならではですが、感染状況を踏まえてデートの場所は3密を避けるように工夫しましょう。

3密に関してはお互いの感覚にズレが生じる場合があります、二人で確かめ合いながら約束しましょう。

決してお相手に無理強いしないようにしましょうね! 

 カフェテラスでの食事 

 ドライブ  

 公園でお弁当 

 海辺のお散歩(季節によります)

等々二人でアイデアを出し合って考えるのも楽しいですね。

真剣交際に入ったら、交際期間は原則3か月です。

ですが、その間に1,2回しかお会いしていないとかあまり連絡を取っていないという場合は、交際延長という選択肢もありますが、気持ちがないままズルズルと交際を続ける事はお互いにとって良い結果に繋がりません。

その場合は、いたずらに交際期間を延ばさずに、その交際は中止する事を視野に入れて、成婚に繋がる交際に絞っていく事が良いですね。

【デートの費用について】

最近は割り勘が多いようですが、年代によって感覚が違います。

基本は男性が負担するつもりでいたほうが良いですね。

女性もごちそうになるのが当たり前ではなくて、お礼の言葉をかけるとか、例えばドライブデートでしたら、車中のおやつや飲み物を用意するなどちょっとした気使いをすると良いかもしれませんね。

【仲人との連携】

デートの時などのお相手の言動や印象に悩んだりした時は、仲人に相談しましょう。

自分の判断で、勘違いや、意味の取違いをしてせっかくのご縁を台無しにしないように婚活のプロである仲人のアドバイスを貰う事で、小さな悩みが消えて良い方に向かいます。

またお相手相談所との連携プレイは成婚への近道になります。

【交際期間について】

交際期間は交際開始から3か月が目安です。遠距離交際などもろもろの事情で延長を希望の場合は双方相談所に相談して、問題なければ6か月まで延長可能です。

交際終了として、退会後に相談所を通さずに交際相手と成婚した場合は、違約金として成婚料の倍額をお支払いいただく事になります。

【交際期間の注意事項】

次の場合はご成婚と同等になりますから、注意しましょう。

結婚の口約束をする、泊りがけの旅行(別室でも)、同棲、婚前交渉、交際延長期間の6か月を過ぎて交際希望の場合などです。

高価な品物のプレゼント、金銭の授受、高額商品の販売等は禁止になります。

最後に 交際のお断りについて真剣交際を3か月(延長の場合は6か月)して、お断りする場合はお相手の方に直接伝えるのではなく、所属する相談所に連絡をお願いいたします。

お相手からのお断りも相談所を通してきます。交際終了後はお相手と連絡をとることはNGですので、直ちに連絡先の削除をして下さい。    

幸せなあなたの結婚LuckBridalClubが応援しています。